子どもの資質を育むボーディングスクール

アメリカやイギリス、スイス、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアなどには、ボーディングスクールと呼ばれる学校が存在します。

ボーディングスクールとは全寮制の学校で、世界各国からさまざまな人種の子供たちが留学して、集まっています。

各学校によって受け入れている年齢に差があり、中にはスイスのボーディングスクールで5歳から受け入れている学校もあるのです。

しかし、多くが中学生くらいからの留学となります。
高校生になると、はじめから高いレベルの英語の能力が求められるため、ボーディングスクールに留学させたい場合は、中学生から留学して英語や環境に慣れさせることが多いのです。

NAVERまとめについてわかりやすく説明しています。

ボーディングスクールの特徴と言えば、少人数制のクラスの中で学習をするため、先生が細やかな教育やサポートができるところです。



また日本のような一律の教育とは真逆で、個性重視の学校が多く、資質を自ら磨いて将来を想像していく力をつけることが、一番の目的となっています。
さらにさまざまな国の子どもたちと生活をしていく中で、多様な文化や考え方に触れ、モラルや規律などを学ぶことができます。

そして感性を大切にすることも特徴で、学校の広大な敷地にはさまざまな芸術のための施設も用意されているのです。
そしてジムもあり、トレーナーからエクササイズの指導を受けることも可能です。



このように文武両道だけではなく、感性やモラルのある人間へと育てられるため、人の模範となるリーダーの資質も養われるのです。


関連リンク

  • アメリカやイギリス、スイス、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアなどには、ボーディングスクールと呼ばれる学校が存在します。ボーディングスクールとは全寮制の学校で、世界各国からさまざまな人種の子供たちが留学して、集まっています。...

  • 世界にはさまざまな学校がありますが、ボーディングスクールと呼ばれる学校は、非常に特色のある学校です。アメリカやカナダ、ニュージーランド、スイス、オーストラリアなどに存在する学校で、全寮制の中で生活と学習をしていきます。...