未来を創造するボーディングスクール

今日本は、高齢化がどんどん進み、このままだと10年後までに高齢者の人数はピークとなり、その後は一気に人口の減少が始まります。



そして2050年頃には日本の総人口は8000万人台まで落ち込むことが予想され、内需はかなり減ってしまうことでしょう。

そうなると、日本の経済は海外の需要を取り込んでいかないと、成り立たなくなってきてしまいます。そのことから、これからは今まで以上に海外を相手にして仕事ができる人材が、必要とされてくるのです。

NAVERまとめ情報が満載です。

そのためには、海外で活躍できる実力を養うことが重要です。そこで注目したいのが、アメリカやイギリス、ニュージーランドなどにあるボーディングスクールという、全寮制の学校です。


ボーディングスクールでは、さまざまな国からの留学生が集まり、卒業後はアメリカなどの著名な大学に進学することを目的としています。ここでは学問などの知識を蓄えるだけではなく、人格者であるようにモラルや規律なども重んじ、そして芸術に触れる機会も多く用意され、感性が豊かな子どもを育む教育がされています。

個性を伸ばすことや、資質を高めることが大切だとされ、そのことから自分自身が個性や資質を理解することから始めます。スイスのボーディングスクールでは、5歳から受け入れている学校もありますが、多くは中学生からの留学です。



キャンパスでは先生やスタッフも一緒に生活していることが多く、カウンセラーや看護師も常駐しているため、安心して寮生活を送ることができます。

関連リンク

  • アメリカやイギリス、スイス、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアなどには、ボーディングスクールと呼ばれる学校が存在します。ボーディングスクールとは全寮制の学校で、世界各国からさまざまな人種の子供たちが留学して、集まっています。...

  • 世界にはさまざまな学校がありますが、ボーディングスクールと呼ばれる学校は、非常に特色のある学校です。アメリカやカナダ、ニュージーランド、スイス、オーストラリアなどに存在する学校で、全寮制の中で生活と学習をしていきます。...