人格も育むボーディングスクール

アメリカやカナダ、イギリス、ニュージーランド、オーストラリア、スイスなどに、伝統と歴史のあるボーディングスクールという学校があります。

ボーディングは英語で、寄宿という意味になりますので、全寮制の学校ということを意味します。



ボーディングスクールに入学をする子どもたちは、アメリカなどの有名な大学に入学することを目的として、世界各国から集まってくるのです。

教えて!gooにはこちらのサイトが最適です。

そのため、どのボーディングスクールでも利用される言語は英語となり、高校生から留学を目指す場合には、はじめから高い英語力を持っていることが条件とされます。

そのこともあり、多くの場合は中学生からボーディングスクールに留学することが多いのです。

ところが中には、スイスのボーディングスクールのように、5歳から受け入れている学校もあります。

このように、学校によって受け入れている年齢に違いがあるのも特徴です。

ボーディングスクールについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

5歳の子どもを全寮制の学校に留学させるというのは、親としてはとても不安があるものです。

しかしキャンパスには、カウンセラーや看護師が常駐していることから、何か問題があったとしてもすぐに対応できる体制が整っており、また学校の先生もキャンパスで一緒に生活していることがほとんどなのです。

クラスは10人程度の少人数で、先生が一人一人の子どもに対して、細やかなサポートや指導ができるようになっています。


そして子どもたちは、個性を伸ばし、能動的に学習や行事に参加しているのです。


関連リンク

  • 今日本は、高齢化がどんどん進み、このままだと10年後までに高齢者の人数はピークとなり、その後は一気に人口の減少が始まります。そして2050年頃には日本の総人口は8000万人台まで落ち込むことが予想され、内需はかなり減ってしまうことでしょう。...

  • アメリカやカナダ、イギリス、スイス、オーストラリア、ニュージーランドなどの国に、ボーディングスクールという学校があります。ボーディングスクールは全寮制の学校で、さまざまな国から子どもたちが留学してきています。...